カサカサお尻に使いたい!保湿効果が高い石鹸の選び方とは?


人間の皮膚は一枚で繋がっていますのでお尻も顔などのように乾燥してしまうことがあります。
カサカサしてしまうと水分と皮脂のバランスが崩れてしまい、ニキビをはじめとする肌トラブルが起こってしまう恐れがあります。
そして普段使用している石鹸が良くないと乾燥に拍車をかけてしまいますので注意しなければいけません。
乾燥対策になる石鹸選びのコツは保湿効果の有無が大事であり、そのため保湿成分が含まれているものですとカサカサ肌の改善に期待ができます。
配合されていると良いと言える保湿成分としては、基本的にその他の部位にも有用な成分と同一のものでOKです。
例えばオリーブオイルやヒアルロン酸、プラセンタなどが例として挙げられますが、お尻にも同様の効果を発揮してくれます。
しかしながらお尻の乾燥対策は保湿を行えばそれで良いというものでもありません

刺激が少ない石鹸を使うのがポイント


大事なのが刺激性のない石鹸を使用することです。
特に乾燥している状態で刺激を与えてしまうのは皮膚トラブル(→お尻の黒ずみを消す方法)を起こす原因になり得ます。
顔に使用する石鹸の場合は刺激にならないものを選んでいる方は多いかと思われますが、お尻に関しても同様に気を配る必要があるのです。
例えば化学的な添加物が多く含まれているものですと刺激になることもありますので、構成成分の安全性を確認しながら選ぶようにした方が良いでしょう。

洗い方も意識してみるとGOOD

もうひとつお尻のケアをする上で心がける必要があるのが洗い方です。
本来は顔を洗う時のように丁寧に汚れを落としてあげる必要がありますが、お尻は見えない部分ということもあり雑な洗い方になっていることもあるはずです。
いかに良い石鹸を使っても洗い方が良くないと意味がありませんので注意しなければいけません。

 

お尻の洗い方のコツ

洗う時のコツとしてはガサガサ感のあるボディタオルやスポンジを使用しないことです。
皮膚に対する刺激も強くなり、必要な皮脂も奪い取ってしまいますので乾燥しやすくなるのは必然です。
できるだけ肌に優しい繊維のものを選び、あまり強く擦らないように優しく洗うことを心がけるようにしましょう。
また、カサカサが強い場合は手で優しく洗う方法でも十分なこともあります。

 

洗うお湯の温度も注意

他にも温度の高いお湯に注意することです。
熱いと皮脂や水分を奪ってしまいますので、カサカサを強くする原因になります。
なお40度以上ですと負担になってしまうことがありますから、カサカサが気になる時には低めに設定した方が良いでしょう。